顔の保湿はオイルでフィニッシュ

私は洗顔後にすぐ何かつけないと乾燥して肌がパリパリになってしまいます。

だから急いでローションを付けて、手のひらでよくパッティングしてから顔を包み込むようにして浸透させています。
前はただローションをつけるだけでしたが、これをするようになってから肌が潤うようになった気がします。
それでも肌が乾燥するようだったら、保湿を強化した美容液を部分的につけて肌を潤しています。
とくにセラミドが含まれている美容液はしっとり感が続きますね。
個人的には、ヒアルロン酸入りの美容液よりも効きました。
そして最後に美容オイルを塗って、肌から水分が蒸発しないようにしっかりフタをしています。
しっとりしてプルプルした肌になり、つやも出ます。
保湿クリーム ランキング

季節を問わず乾燥する肌には、ニベアでばっちり乾燥ケア

20代の頃は肌がカサつくなぁと感じていても、お肌もぷりぷりしているのでシミやシワも気にするほどでもなく、普通の安い化粧水と乳液を使っていました。

 

しかも夏場になると、お肌がベトつくことが嫌で、このベトつきが原因でニキビができるのも嫌だなと思い、化粧水のみで終わらせてしまうこともありました。

 

ところが30代になると、年中お肌がカサつくようになり、一見しっとりしているようなお肌でも、朝起きてみると目の下にはうっすらシワができるようになり、いつも使っているリキッドファンデを付けてみても、肌の乾燥からすぐに化粧が崩れていました。

 

そこでネットで検索してみると、リキッドファンデにニベアを少量混ぜ込んでから付けると肌の乾燥は防げるというので、早速実践してみると見事に化粧が崩れません。でも、お肌がどうしてもベタつくので、付けた上からベビーパウダーを少量付けると見事にお肌がサラサラになるうえ、ファンデやアイラインもヨレずに安心です。

わずか2ステップの乾燥肌対策

突然敏感性乾燥肌になって1年3ヶ月。

細かい湿疹やかゆみが出る上に、かさかさ粉を吹いたようになり、ひどくなるとピリピリとした痛みにも悩まされました。
中途半端な保湿化粧品では改善できず、行き着いたのが馬油でした。
洗顔後、水分の残っている肌に馬油を塗りこむだけ、という方法。余分な成分が入っていない馬油は肌に優しく、心配したべたつきもほとんどなく、乾燥の悩みが少しずつ改善されていきました。夜の洗顔後はしっかり塗りこみ、そのまま就寝。
朝のメイク前は薄く塗り、敏感肌用の化粧水少々をたたきこんで、下地完了。
日中も、乾燥してきたな、と思ったら、メイクの上から手のひらで水をたたき、薄く伸ばした馬油で押えます。
私の乾燥肌対策は水と馬油で成り立っています。
セラミド美容液の口コミランキング