Uncategorized

現代人がついついやってしまう、前かがみや猫背の姿勢が、ストレートネックの大きな原因に?

ストレートネックの具体的な状態とは

ストレートネックとは、本来あるべき姿である湾曲している首の骨が、何らかの原因によってまっすぐになっている状態を示します。首の骨は、頭を支えるために元来まっすぐではなく、30度から40度ほど曲がっているのが正常です。ところが、何らかの理由により首の骨がほぼまっすぐな状態にまで変形してしまうことがあります。これをストレートネックと呼んでおり、パソコンが仕事に欠かせなくなってきてから、その名が登場しました。現代ではアップデートされ、スマホネックとも呼ばれるほど若者に急増しています。ストレートネックであってもとくに症状が無い人もいますが、首や肩のこり、頭痛、めまいなどの症状が出てしまうと厄介です。

姿勢が原因によるストレートネック

ストレートネックになる原因にはいくつかありますが、最も多いのが、前かがみや猫背の状態を長時間続けきたことによるものです。1日中オフィスでパソコンに向かっていたり、スマホを片手に何時間も見続けてしまうことが続くと、少しずつ骨が歪んでいってしまいます。ほとんどの人がこのことが原因でストレートネックになっています。誰でも思い当たる節はあるのではないでしょうか。

その他の原因によるストレートネック

他の原因としては、スポーツや事故によるものがあります。ボクシングやレスリング、柔道などで首や頭に打撃を受けたり、スキーやスノボでの転倒、交通事故でのむち打ちから、ストレートネックになることもあります。椎間板変性からストレートネックになってしまうケースもあります。椎間板が変形を起こし、首の湾曲が無くなってしまうことがあるのです。

ストレートネックの治療方法

残念ながらストレートネックには特効薬はなく、完治できるものではありません。但し、症状を緩和することは期待できます。治療は運動療法が中心となっており、ストレッチやトレーニングを地道にコツコツ継続していく必要があります。ストレートネックによる症状が出てしまう前に、日々の生活の中で体幹を鍛え、正しい姿勢を意識していけば、大幅にリスクを回避できるはずです。