Uncategorized

首がまっすぐは良くない?ストレートネックは頸椎の疾患。運動療法を中心とした治療が必要です

ストレートネックの原因と症状

ストレートネックという症状を聞いたことがあるでしょうか。仕事にパソコンが欠かせなくなってきてから、急速に増えた現代病ともいえます。また、近年ではスマホが登場したことにより、若い世代にも広がってきており、スマホネックとも言われています。デスクでパソコンを見たり、スマホを見る体勢である、前かがみの姿勢を長時間続けることによって、少しずつ頸椎がまっすぐになってしまい、それが常態化してしまうのです。ただまっすぐになるだけではなく、それにより、首が頭を支える負荷が増してしまいます。すると首の筋肉が緊張するだけでなく、血行不良を引き起こし、結果、首や肩の凝り、頭痛、めまい、手足のしびれ、吐き気など様々な体調不良へとつながってしまうのです。

ストレートネックの治療方法

残念ながら、ストレートネックは薬で治療できるものではありません。また、時間をかけて少しずつ歪んでしまった頸椎は、元に戻していくのも時間がかかります。まずは、なってしまう前に予防をすることですが、もしなってしまったら、どのように治療をしていくべきでしょうか。正確に調べるには専門機関での受診が必要ですが、その前に自分が果たしてストレートネックなのかどうかを、セルフチェックできます。まず、壁にぴったりと背中をつけて立ちます。正常な頸椎の人の場合、上から順番に後頭部、肩甲骨、お尻が全て壁につきます。ところが、ストレートネックの人は、後頭部のみ壁につきません。100パーセントの診断ではありませんが、このような状態の人はストレートネックである可能性が大きいということになります。

ストレートネックになってしまった時のセルフケア

ストレートネックかもしれないと分かったら、まずは姿勢を正すことを試みてください。また、同じ体勢、とくに前かがみを1時間続けることは避けましょう。並行して、ストレートネックを改善するストレッチやトレーニングを行います。整形外科や神経外科、整体、接骨院へ行けば、運動療法のアドバイスももらえるはずです。ただし重症の場合は外科的処置が必要となりますので、早めに医師への相談をおすすめします。